スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

鏡花水月

鏡花水月

音楽:緒弥の花(Ebico鬼バラ
録音:鬼
作詞:ノゾム
イラスト:YOU
動画:モズコ

ボーカロイド:IA 初音ミク

【ニコニコ動画】【IA・初音ミク】鏡花水月【オリジナル】


オススメ度:★★★
■ 歌詞 ■

鏡に映った花の如く散りゆく
夢現 幻弄る手は空回り

窓からチラリ 姿覗かせた(僕らは)
春の欠片たち やがて消えてゆく(鏡に 縛られている)
人もまた然り 一生夢を追う(幻覚を見る)
(結局は)何も掴めずに 歳だけ重ねてく

夢の中 惑わされ 虚無に身を委ね(全ては)
その姿 憐れむは 鏡にて 映された(誰が為)
君の掌に咲いた花

この願いが叶うその時まで(散り落ちるモノは)
弄る手はどこまでも手探り続けてく(あの日見た花)

水面に映った月の如くゆらりと
垣間見る面影追い駆けても届かない

杯を手に 酔うまで帰らぬ(「今宵は)
月も影も居る 三人で飲み干す(宴だ」 囚われている)
月日が経っても 宴を続ける(虚しく過ごす)
(結局は)気づかないうちに 白髪三千丈

逆様のお月様 浮世を鎮める(救いは)
月明かり 照らされて 沈む中 微睡んだ(この先)
君の掌に火を灯そう

去り行く背中は今も眼に(ソレを照らすのは)
焼付け刻み込まれて忘れる術もない(変わらぬ月だ)

夢の中 惑わされ 虚無に身を委ね(全ては)
その姿 憐れむは 鏡にて 映された(誰が為)
君の掌に咲いた花

この歌声 轟かせて せめて君の元へ
この花弁 地に落ちても またきっと綻びよう

この光を 輝かせて まだ見えない君へ
(この身が朽ち果てるその時まで)
月の照らす下で眠る 夢見つつ滅びる
(弄る手はどこまでも手探り続けてく)

(散り落ちるモノは)(救いは)
(あの日見た花)(この先)

web拍手 by FC2

タグ: 初音ミク IA Ebico 鬼バラ 曲名INDEX/か行

コメント

非公開コメント

お気に入りP新着RSS
ページランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
インデックス検索