スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

泥棒と警備員

泥棒と警備員

作詞・作曲・イラスト:くるりんご

ボーカロイド:初音ミク GUMI

【ニコニコ動画】【初音ミク GUMI】泥棒と警備員【オリジナル曲】


オススメ度:★★★


モルモットと傭兵」から続くお話だそうです
■ 歌詞 ■

とある日曜の昼下がり 廃墟と化した教会で
かくれんぼしている間に 神様は消えた

生まれながらに身分の低い僕は生きていく為に
息の詰まる独裁国家、都督の下(もと)機関銃持った

撃って奪って手に入れたものは報酬だけ
代わりにこころは磨り減っていく、無くしたものの方が多いじゃあないか

撃って見据えて 蹴って壊した 人体実験
罪滅しのつもりだか引き取って面倒をみてたけど
じゃんけん負けて 鬼を被(こうむ)った かくれんぼ
これじゃ世間的僕の立ち位置が危ないんだよねぇ

切れた 切れた 価値観が切れた
偽られた正義に矛と盾
ひどく澄んだ そのふたつ目で
下賎(げせん)な僕を見ておくれ

傭兵をやめて独裁国家からの離脱を決した
侵略して分捕ったものを返す為走り廻った

大鎌持った都督の手駒の亡霊が
僕の背後でクツクツと笑い、「そんな事しても無駄だ」と囁いた

刷って貼られて 散蒔かれた 指名手配
追われぬようにと幼い頃から伸ばした髪も切り落としたけど
じゃんけん勝って 鬼を回避した かくれんぼ
僕と居れば君達の立ち位置が危ないんだよねぇ

逃げた 逃げた 影から逃げた
失われた信用に火と油
非道く淀んだ 僕のふたつ目は
夜の街を見下ろした

時は流れて切った髪ももとの長さ伸びきって
あの子達はそれぞれ何処かで幸せに暮らしてるかな
なんて感傷に浸る僕の足にかかる赤センサー
振り返ったときにはもう遅かった

爆ぜた 爆ぜた 何かが爆ぜた
吹き飛ばされ窓割れ崖っ縁
カツリカツリと 響く足音が
暗闇から僕へと近づいた

堕ちた 堕ちた 底まで堕ちた
感覚薄れてゆく左腕
遠い 遠い あの頃が何故か
走馬灯の如くよみがえった

おいでよメアリー、繋いでジェシカ
あと一人どうして思い出せない
誰よりも綺麗な瞳(め)で真っ直ぐ前だけ見てた
もういーよ、いいよ、十分だ、ありがとう
ああ泥棒(ぼく)の人生はここで終わった

見つけたよ、長いかくれんぼだったね
次は置いてかないでね、手を貸して
さあ 地に足の着いた神様を 引き上げるんだ

地に足の着いた神様を 引き上げるんだ

web拍手 by FC2

タグ: 初音ミク GUMI くるりんご 曲名INDEX/た行

コメント

非公開コメント

お気に入りP新着RSS
ページランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
インデックス検索